さてさて、シナリオの締め切りの8/26日になりましたが

 

終わんなかった!!!!

 

うぐいすさんは結構な遅筆なのでせいぜい1日に1万2千字程度しか書けません……(泣)

お話を書かない人から見ると分からないと思うのでわかりやすく説明すると。

大学のレポートが平均3000〜4000字らしいので、一日にレポートを3つから4つ書くのがうぐいすの限界です。

↑ATOKで測定した3日間の文字入力数(シナリオのみ)

 

問題点はプロットの修正に時間がかかってしまったこと……。

プロットの作成は半日程度で終わったのですが、執筆途中に致命的な欠陥を発見

欠陥や矛盾点、そしてストーリーの自然な運びを模索していた結果

締め切り最終日26日の17時までやってました(それでも納得のいくプロットには出来なかった……)

 

中途半端なプロットのまま執筆を続けて、締め切りが来ましたが、終わらせることが出来ませんでした。

悔しい。

非常に悔しいです。

 

しかし、今回の目的は一週間でゲームを創ること。

すなわち、自分のアウトプット能力の限界を知ること。

うぐいすの今の能力の限界はここだと言うことです。

悔しいですけれどうぐいすの実力はこの程度なのです……。

 

今書き終わってる分を明日の27日にプログラマーさんとイラストレーターさんにお渡しし、残りは急いで書く予定です。

明日から後半戦スタートです!

 

ここが自分の限界だと認める訳にはいきません。

なんとしても納得出来るようにシナリオを書き切ってやる……!

 

 

 

さてさて、新サークルに移った私、うぐいすですがまた、新しくゲームを作っています。

が、自分も含めて集団で1つの作品を作るという経験が不足していて制作に四苦八苦しています。

どうやってゲーム制作を進めればいいのか……、よく分からない!

 

ゲーム制作というのは基本長い期間がかかります。

世の中のゲーム会社さんは何年もかけて素晴らしいゲームを私たちに提供してくれているわけです。

スゴイ。

しかし、長い期間がかかるからこそ、ゲームを作るという経験がほぼ皆無の私たちは、目隠ししたまま当てもなく進んでいるようでなかなかゲームを作れない。

そこでうぐいすは考えました。

 

―― 一旦、短い時間で、

決められた時間内で、

ゲームを作ってみればいいのでは? ――

 

ゲームメイクサークル「QualiA」、1週間でゲームを作ります。

名付けて!!

 

”1Week Project”(キラーン)

※うぐいすは基本厨二病であり、英語で名前をつけとけばカッコイイと思っています。

 

ルールというか概要は

・1週間でゲームを作る、期間は8月24日正午から8月30日正午まで。

・1週間というめちゃんこ短い期間なので比較的作りやすいノベルゲーム。

こんな感じ。

 

実はちゃんと企画書も作ってあります。(形から入るタイプなので無駄に用意するうぐいす)

 

スケジュールは

8/24〜8/26:企画、プロット、シナリオ、キャラデザ

8/27〜8/30:プログラム、立ち絵、スチル

というざっくり具合。

 

果たして、QualiAは無事ゲームを完成させることが出来るのか!

そもそもうぐいすは8/26日に書き上がるのか!?

 

1Week Projectの流れは一応記録としてブログに逐一あげていくのでこうご期待!

 


PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

作者Twitter
profilephoto

サークル公式サイト
profilephoto

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM